スポンサーサイト
category: -

一定期間更新がないため広告を表示しています

-, -, -
話題のアイスクリーム店
category: event
 

アイスクリームを作らないアイスクリーム専門店がある。

よく意味のわからない噂を聞きつけた。

しかも、その店は神出鬼没。

いつ、どこに出店するかも分からないという。

そんな、ゲリラ豪雨のようなアイスクリーム店が、

この土日、代官山に店を出していると聞き、行ってきた。



店があったのは、こんな人形が所狭しと並んだ骨董屋の店内だった。







『ハリー アップ アイスクリーム(HURRY UP ICECREAM)』



女子ばかりで切り盛りする、かわいらしいアイス屋さんである。



先にも説明した通り、この店ではアイスは作らない。

「ははぁーん、アイス屋といいながら、実は、
アイスの形をしたお洒落グッズを売る店なんでしょ」

と思った方、鋭い。

鋭いが違う。

商品はまがいもなく、3種類のカップアイスだった。



注文をすると、カラフルなトッピングを加えながら、
雑貨のようにかわいらしいカップアイスを作り上げて行く。

注文してから仕上げて行くあたりは、いかにも専門店。
しかし、この店がよくある専門店と違うのは、
何と、肝心のアイスクリームだけは「出来合いのもの」を
買ってきて使うという、意味不明と言ってもいいような
思い切った強いこだわりを持っている点にある。



作り上げて行く感じも、極めてたどたどしい。
思わず「急いでよ」と言いかけて、ふと気づいた。
だから「ハリーアップ」なのか・・・(嘘)

アイスにのっけたパイナップルが落ちそうになるのを
必死に押さえ込もうと努力する店員。
しかし、その「素人っぽさ」をむき出しにしながら、
若さと笑顔で押し切って行くのが
ハリー アップ  アイスクリームの真骨頂だ。

銀座のクラブよりもキャバクラ、キャバクラよりもガールズバー、
ハーゲ○ダッツよりもハリーアップ、というのが合い言葉である(嘘)


食べてみると、さすがに旨い。
いかにもレディボー○ンといったおなじみの味わいだ。


当面の悩みは物価上昇に伴う仕入れ値の上昇だと話す店員。
スーパーでのアイスクリーム仕入れ値が上昇しているという。
アベノミクスの影響はこんなところにも出ているようだ。
しかし、店員は強い口調でこう言った。
「アイスだけは妥協できません。
このアイスを楽しみに来てくださる人たちのためにも」

その言葉には
「間違ってもアイスそのものは作らない」
という強いこだわりを感じたのだった。

ちなみに、ハリー アップ アイスクリームでは
アイス以外のものは、トッピングの焼き菓子から
カップのデザインまで、自らの手で精魂込めて作り上げている。
作っていないのは、アイスだけということは強調しておきたい。
アイスは作らないけれど、アイス以外は本気で作り込むアイス屋なのだ。

その微妙ながら強烈なズレを楽しめるかどうか。
そこが、大人の度量を試される部分と言えなくもない。いや言えない。




最後に、次回の出店予定はと訪ねると、
「下北に近い、下北じゃないところの商店街、たぶん」
という答えが帰ってきた。

その辺りにお住まいの方には、余談の許さない状況が続くだろう。

噂を聞いたら「急いで行け」である。











comments(2), trackbacks(0), -
涙の誕生日
category: event
 

13日に昌さんが勝った。
最年長勝利投手の記録をまた更新した。

14日になり、誕生日を迎えた。


今年はいつもとちょっと違っていて、
前日の後輩の誕生日会からの流れで、
そのまま誕生日がやってきた。

おかげで、いつもよりにぎやかに誕生日を迎えることができた。


ありがたい。



ありがたいといえば、今日、こんなことを言われた。
去年、異動してきた優秀な後輩編集者から、
「この部署に異動してきて本当に良かったです」と。
助かっているのはこちらのほうで、お礼を言わねばならないのは
ボクなんだけれど、それでもやっぱりとうれしかった。

彼女は弊社で最も花形の部署を蹴って、ボクらの職場にやってきたのだった。

それを聞いた妻はキッチンで、少しだけ泣いていた。
うれし泣き。
思いがけない誕生日プレゼントをもらった。



この誕生日会はモメンタムの超内々の打ち上げをかねていた。
というか、むしろそちらが主のイベントだった。
打ち上げに誕生日会がのっかったのだ。

みなさんのがんばりのおかげで
モメンタムは号を重ねるごとに良い本になっていく。
そして、今日、みんなとバカ話をしながら、
この本は今後、さらによくなることを確信した。
クライアントの方々、読者のみなさんからの声がそれを証明している。
みなさん、本当にありがとう。



今年前半はいろいろとあった。

中でも大きな出来ごとは、シュンギクがいなくなってしまったことだ。
シュンギクがいなくなったあの日から、ボクらの生活は一変してしまった。
少しでも気を紛らわせようと、どんどん仕事を入れて、わざと忙しく過ごした。
だからだろうか、今年前半のことを頭の中で振り返ろうとすると、
なんとなくぼんやりしていて、うまく思い出せない。
あの日から、まだ5ヶ月しか経っていないとはどうしても信じられないのだ。


シュンギクは今年、歳をとることができなかった。
ボクは一つ歳をとった。


そのことの意味を考えながら、
今年1年は未来に残る仕事を一つでも多く形にしたいと思っている。
シュンギクが、再び我が家に戻ってきたときに、
自慢できるような仕事を。



みんなが家に帰り、我が家は再び静かになった。
静けさを取り戻すと、シュンギクの記憶がよみがえる。
妻はまたちょっとだけ泣いた。


喜びと悲しみの涙にぬれた誕生日。


ボクはきっと、この日を忘れないだろう。







comments(0), trackbacks(0), -
アマゾンはカブトムシの味がする
category: event

 
友人の写真家、山口さんから手紙が届いた。

そのあまりの内容に、驚愕した。

背筋に冷たいものが走った。





「そろそろカブトムシとスイカのうまい季節になってきましたね!」



唐津では夏になるとカブトムシを食べるのか、
いや、アマゾンの話だろう、と我が家は騒然となった。

唐津というのは、山口さんの出身地。
アマゾンというのは山口さんの愛する被写体である。



しかし、その手紙に添えられていたものを見て、
それがアマゾンのことだという結論に至った。

添えられていたのは1枚のチラシ。
写真展の案内だった。




山口大志写真展
「AMAZON -TROPICAL NATURE- 生命の鼓動」


タイトルがやや長い。

しかし、そのチラシに載っていた写真、
特に大きく掲げられたトリ(ベニコンゴウインコ)の写真は、
単なるネイチャー写真の枠を超えた凄みがある。

いい写真だ。


会場は佐賀県立宇宙科学館。
期間は2013年7月13日〜9月16日。
ボクの誕生日イブ、坂崎さんの誕生日から、
2ヶ月のロングランで開催される。
若手写真家にとってこれは破格の待遇である。

さすが、小惑星探査機はやぶさ帰還の決定的瞬間の写真で一躍話題になり、
日経ナショナルジオグラフィック写真賞2012優秀賞も受賞している
山口さんだけのことはあるのだ。


さらに、チラシにはトークショーが開催される旨も書かれていた。
7月15日(ボクの誕生日の翌日)13時半〜15時(80名)と
8月4日13時半〜15時の2回。


お時間のある方は、ぜひ行っていただければと思う。
そして、カブトムシの味について、ぜひ聞いてもらいたい。

ボクも都合がつけば、ぜひ行きたいと思っている。



comments(0), trackbacks(0), -
石川直樹 ローツェ|マナスル
category: event
 

石川さんに謝らなくてはならない。



先日


「石川さんの山の写真もすばらしいけれど、
お祭りの写真のほうが本として売れそう」


などと軽口をたたいたことを。


石川さんの撮っている「仮面シリーズ」がボクの好みであることは間違いない。
しかし、山の写真もやはり強烈であることを、まざまざと見せつけられた。


原宿にあるファッションビルGYRE(ジャイル)のギャラリースペースで
昨日より始まった写真展「ローツェ|マナスル(Lhotse|Manasul)」は、
これまで見た石川さんの山の写真の中でも、突出してすばらしい展示だった。

自分では絶対に見ることができない世界を見せてもらえる、ということだけでも
十分に偉大なのだけれど、それにもまして、写真のクオリティが高い。
これまでいろいろな山の写真を見てきてけれど、
個人的には、これほどの衝撃を受けたものはなかったように思う。
魂が入っている。生命をかけた写真という気がした。
写真展で鳥肌が立ったのは、
最近だと鬼海弘雄さんの伊丹での展示を見て以来かな。


ボクは知り合いだからといって褒めたりはしない。
昔からそうなのだけれど、良くないものを良いとはいえない性分なのだ。
だからこそ、少しでも多くの人に、この展示を見てもらいたいと思っている。





展示スペース奥には動画コーナーもある(これは見逃しやすい)。
見ているだけで息が苦しくなる光景。
マウンテンリサーチのTシャツを着た石川さん、
とても同世代とは思えない若々しさがある。

ボクは勝負パンツである「パンダパンツ」を履いていったのだけれど、
とても若さで及ばなかった。
(展示を見にきていた男性には「パンダ!」と声をかけられたが)




ちなみに、石川さんのお祭り(仮面)の写真は来月発行の
『MOMENTUM』の中で見ることができる。
こちらもかなりやばい! お楽しみに。







comments(0), trackbacks(0), -
尾関幹人「PHYSICAL」から「MENTAL」へ
category: event
 

衝撃的、と言う以外に言葉が思い当たらず、苦慮してしまう。


実際、作品を前にしても、言葉は出なかった。


作家の「どうですか?」という問いに対しても、
「う〜ん」とか、「ヤバい」とか、「すごい」とか、
そんな貧弱な表現しか思いつかず、
自分の語彙のなさに悲劇的な気分になるばかり。
あぁ、神様、ボクにもっと文学的な表現を!
と叫びたくなるほど、尾関幹人の個展「MENTAL」
出来は非常にヤバかった(←やはり貧弱!)。


何がヤバいのか? 
一つ具体的に説明するのなら、
昨年の展示で少しだけ片鱗を見せていた
「切り絵による濃淡表現」がさらに先鋭化し、
「紙を切り絵で立体的に見せる効果」が飛躍的に
向上していることがあげられるだろうか。

昨年、「技術的にはほかに比べてけっして高くない」
と作家本人が説明してくれた手法なのだけれど、
これにより、世界観は格段に広がっている。
そして、何よりも崇高な精神が宿るようになった。
まぁ、とにかくスゴいのだ(←また出た!)



尾関さんはボクの10年来の友人である。
作品も持っているから
「ポジショントークだろう!」
と思う人もいるかもしれない。
しかし、事実はそうではない。
むしろ逆だ。

「ポジショントークに見える」のを嫌がるあまり、
ボクは必要以上に、彼の作品を褒めるのを躊躇する。
そしてボクは「ザ」がつくほどの「カッコ付けマン」でもあるからして、
アートを評論するための言語を持ち合わせていない
という事実が露呈することを極端に恐れている。
だからこれまでベタ褒めだけは避けてきた。

しかし、今回に関してはベタ褒めする以外に手がない。



それでも、

「一皮むけた」

という表現には抵抗がある。
そう言葉にすることは、自分の持っている作品を
「むける前の作品」と定義付けすることになるからだ。
(なんたる小さい人間!)
しかし、でも、やっぱり、むけちゃったよね。
(いや、ボクが持っているもすばらしい作品なんだよ、負け惜しみではなく)




今作品を買わないことで、10年後、後悔する自分の姿が
ありありと想像できるから、嫌になる。

もし、ボクの結婚記念品として、
何かをプレゼントしたい!と思っている人がいるのなら、
ボクは「それなら尾関さんの作品を」とお願いするだろう。
結婚してもう4年以上経ってるけれど。



ああ、欲しい。


エラそうなことを、あえて言わせてもらうなら、
アート関係者は、絶対に行かなくてはならない。
「行かないことは、即、死を意味する」
とまでは言わないけれど、
10年後、「おれ、見たよ」と威張りたいなら、
そうするしかほかにない。

編集者も同様。
編集者の価値とは、
そのとき現場にいたかどうか
に、大きく左右される。
それほどまでに、
今回の個展は、大きな分岐点になるものだと思う。




ヤバいよ。マジだぜ。



















comments(0), trackbacks(0), -
餅つき 薩摩琵琶 鴨鍋
category: event
 

ここ数日、発熱でダウンしていたが、
やっと熱も下がり、体調はずいぶん良くなってきた。


ということで、かねてよりお誘いいただいていた
「円覚寺 季節外れの餅つき大会」(勝手命名)へ。
これは、友人である某脚本家先生が発起人となって
開催されることになったイベントなのだけれど、
肝心の先生はぎっくり腰でダウン。
我々夫婦ふたりで、「いざ鎌倉」ということになった。


円覚寺 龍隠庵はシュンギクにお経をあげてくださったお寺で、
訪れるのはあの日以来だなぁ〜、なんてちょっとオセンチな気分になった。
和尚さんには大変良くしていただき、本当に感謝感激なのである。



新緑和尚。






毎年年末に行われている恒例の餅つき大会とは違い、
今回のものは限られたメンバーでの開催。
といいつつ、男手不足のため女性陣が観光客を
勧誘したりしていた。
ボクはまだ体調不完全のため今回は見学。





きんぴら和尚。



今回の餅つき大会には、さらなるお楽しみが龍のごとく隠されていた。
その一つが鴨鍋。
妻は以前にもこちらで鴨鍋パーティをしているのだけれど、
ボクは今回がはじめての参加。
築地で買い付けてきた厳選鴨肉をネギとともにおろしポン酢で。
和尚さんが作ってくださったきんぴらごぼうなど、
副菜もかなりの充実ですばらしかった。
ボクは体調の関係で遠慮したけれど、シャンパンなどもあったりして。
我が家からは愛知の日本酒「丁珍」を持ち込んだ。



鴨肉。めちゃ旨。



そして、もう一つ、本日のメインディッシュとも言えるのが、
日本琵琶楽協会理事長の須田誠舟先生の演奏による薩摩琵琶。

薩摩琵琶ってのは初めて聞いたのだけれど、
まさにジャパニーズロック、魂の叫び。
あまりの迫力に正直たまげた。

君が代の元ネタ「蓬莱山」っていうのも演奏していただき、
いろんな意味で勉強になった夜。






大先生に直接手ほどきを受ける。




とにかく楽しい会だった。

来年には我が家の結婚5周年パーティ(結婚式の代わり)
をここでやります!(宣言)。


皆様、ご祝儀の準備をw


comments(0), trackbacks(0), -
今日 気になった時計
category: event

本日気になった時計。

 



TUDOR

一番気になったのがこれ。
チュードルの2つ目クロノの復刻版なのだけれど、
今年はナイロンバンドを合わせてる。
これって、数年前からボクがオリジナルでやってる組み合わせじゃん。
去年、会場でボクがしてるのを見てアイデアをパクったとしか思えない。
だって、バンドの配色もほぼ同じだし。
(やや自意識過剰)。
気になった理由がちょっと違うか。






OMEGA

セラミックケースのスピードマスター。
セラミックケースってものによっては微妙だけど、
こいつはありかも、と思わせるいい雰囲気。
映り込みもあって、一瞬透けてるクリスタルケースかと思いました。






VULCAIN

バルカン クリケット ノーティカルのセカンドモデルが今年復刻。
ファーストとちがってヴィンテージ市場でも割安で放置されてきた
セカンドモデルですが、これで高額化必至でしょう。
復刻版もよく出来てました。

comments(0), trackbacks(0), -
バーゼル・ワールドへの道
category: event


フライブルクからバーゼルへ。


 

















comments(0), trackbacks(0), -
バーゼル・ワールド初日
category: event
 

例年よりも1ヶ月遅れてバーゼル・ワールドが始まった。

去年はどちらかというとどんよりとした天気の日が多く、
気温も寒かったけれど、今年はこの1ヶ月のズレのおかげでか
ずいぶんと気持ちがいい気候。


今年から会場の建物が新しくなった。
地元出身の建築家ユニット、ヘルツォーク&ド・ムーロンが
デザインしたという新会場。
リノベーションなので、ドラスティックに変わったという印象はないけれど、
随所に「らしい」かっこよさを見ることができる。





初日の今日はプレス登録のあと、いくつかのプレスカンファレンスに参加予定。
プレス登録の場所が変わり、別棟になったため、ずいぶん手間取った。


今年は会場のリニューアルに合わせて、ブランドブースの配置も
だいぶ変わったようだ。メインフロアはスイスブランドで固められ、
ジャパンブランドなどは、30年以上死守し続けた伝統のスペースを
退くことになったという。

国産腕時計製造開始100年を迎える今年に、
このようなことになったのは、ちょっと皮肉だよな。


波乱が予想されるバーゼル・ワールド2013。


さて、どうなることやら。





comments(0), trackbacks(0), -
POST / iimArt Alles Books & Things 中目黒 花見
category: event
今年も桜の季節がやってきた。

目黒川沿いに住む人間にとっては、
毎年必ず訪れる小さな不幸と言うか、
手放しで楽しめない季節でもある。
まずもって飯やがどこもいっぱいになる。
いつも軽く飲もうか、と気軽に入る店も
このときばかりはどこも満席。

そしてもっとやっかいなのは、無法地帯化すること。
マンションの敷地に入って来て
勝手に飲み食いしてるヤツはいるし、
夜になると大声で叫ぶ輩が出て来る。


かつてフラワーアーティストであるニコライ・バーグマンが
「日本人は花見のときだけ人が変わったように社交的になるから面白い」
と言った。と聞いた。
確かに面白いし、ボクだって一緒に楽しみたい。
でも、猛烈にマナーがない人がいることも事実だったりする。



シュンギクは、よく大騒ぎする人間の姿を窓際で眺めていた。
すごく不思議なものを見るような目で。






それでも、震災があった2011年の花見はとっても静かだった。
きっと次の年にはみんな忘れてばか騒ぎするだろうと、
頭ではわかっていても、あの時、あの瞬間だけを思い出せば、
もうこれまでのような暢気な日常は無くなり、大騒ぎの花見は
思い出の彼方に消えてしまうのではないかという気がした。
もちろんそんなわけはなく、
実際に思い出の方に消えてしまったのは、
あの時感じた、原発社会への危機感だったのだけれど。






さて、今週末は桜以外にも見所が多い。
アートフェア東京なんかもやっている(行ったことないけど)。
そして、恵比寿のリムアートでは
明日からベルリンの若手写真家アンネ・シュヴァルベの
日本初の展覧会「Alles(アレス)」が始まる。
勉強不足のボクには馴染みのない名前なのだが、
送っていただいたインヴィテーションを見る限り、
なかなか良さそうだ。

ベルリンと聞くと、ボクは胸が少しだけ痛む。
アートライターとして活躍する友人に
毎年のごとく「遊びに行く」といいながら、まだ果たせてない。
今のベルリンは、かつてのパリのように、
芸術家が集まり、刺激を与え合っているらしい。
そういう空間に浸ってみたいという思いは間違いなくあるのだけれど、
なぜか腰が重い。もしベルリンを訪ねた上で、
明日からの「アレス」を見に行っていたなら、
もっと楽しめたかもなぁと少し後悔してみる。
ボクはいつだって、何もしないで後悔するのだ。


リムアートでは「アレス」の期間中、もう1つの楽しみがある。
京都の古書店「Books & Things」から
約200冊のヴィンテージ写真集が持ち込まれるというのだ。
祇園の骨董街にあるBooks & Thingsは小さくて居心地のいい店。
最近は京都に立ち寄る度に足を運ぶのだけれど、
たいした買い物もしないくせに、ついつい長居してしまう。
写真集、アート、デザイン関係の書籍の品揃えと
店主の猛烈な知識という磁力が、ボクをそこに引き留める。
さすがに店主までは古書と一緒に運ばれてはこないだろうけれど、
滅多に目にすることのできないような、
歴史遺産的な写真集がやってくるかもしれない。


お時間のある方は、ぜひ。









comments(0), trackbacks(0), -
New Entry.
Category.
Archives.
Comment.
Trackback.

Profile
Calendar
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Sponsored links
Recommend
極楽園
極楽園 (JUGEMレビュー »)
三好和義
楽園写真家・三好和義が捉えた現代の仏像写真集。東寺、三十三間堂、聖林寺など重要仏像の数々を網羅。
Recommend
美仏巡礼 完全保存版 (日経ホームマガジン OFFムック)
美仏巡礼 完全保存版 (日経ホームマガジン OFFムック) (JUGEMレビュー »)

仏像ブームの火付け役のひとつとなった仏像ムック。みうらじゅん、山本勉、三好和義など豪華ラインアップ。
Recommend
写真本123456789101112131415161718192021222324(シャシンボン ニジュウヨンエイチ)
写真本123456789101112131415161718192021222324(シャシンボン ニジュウヨンエイチ) (JUGEMレビュー »)

1日を24に分け有名写真家が撮影。それを並べて1日を再構成した一冊。森山大道、ホンマタカシなどが参加
Amazon CLASSIC WRISTWATCH
オススメ資料
イカすエッセイ!
美仏巡礼
Links
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Search