スポンサーサイト
category: -

一定期間更新がないため広告を表示しています

-, -, -
ドイツのパンツ
category: 雑談



下着の話である。なぜだか分からないが、海外の旅に出るとパンツが足りなくなる。いや理由はうすうす分かっている。現地で買えばいいと、少なめに持って行くクセがあるからだ(別に何かしらの粗相で汚してしまっているわけではないことは記しておきたい。誓ってそうではないのだ)。

昨年、ベルリンを旅したときも、ご多分に漏れず(いや本当に漏らしてはいない)パンツが足りなくなった。

ベルリンの街というのは奇妙なもので、男もののパンツが売っていない。半日探しても見つからず、翌日、ベルリン在住の友人と探すもなかなか見つからなかった。どうやらベルリンの男はパンツを履かないらしいのだ!(嘘だ)。

やっとのことでパンツを見つけたのは、あるデットストックショップだった。東ドイツのワークシャツなどを扱っている専門店。そのショーケースには19501960年代製のデットストックパンツ(しつこいが下着だ)がたくさん並んでいた。

「下着を探している」と友人に通訳してもらい店主に伝える。友人は薄笑い。店主はイケメンで、どうやら女性である友人はイケメンとパンツの話ができることを喜んでいるようだった。

何枚かデッドストックパンツを見せてもらったが、そのどれもが腹部のゴムがゆるく、ボクにはややハードルの高いものだった。それでも一つを選び、続けて他にはないかと尋ねる。まさか買うと思ってなかったのか、イケメン店主は薄笑いを浮かべた。客観的に見ればそうだろう。ゆるゆるなんだから(ゆるゆるなのは腹部だが、お腹の状態がゆるいわけではない)。

しかし、そんなパンツでもボクには買わねばならないやんごとなき理由があるのだ。2日前から、パンツをリフレッシュしていなかった。

店主はあまりに気の毒に思ったのかもしれない。彼は奥の棚から古風な絵が描かれた箱を取り出し、ボクに手渡した。中にはこれまでに見たのとは別のパンツが入っていた。「これもデットストック?」。件の友人に通訳を頼む。店主は「これは昔の形を復刻して作っている現代のものだよ」。

あるならはじめからそれを出してもらいたかった。

そのパンツはボクには少々高かったけれど、もう買うしかなかった。ボクは箱入りのものと、最初に買うと決めたデッドストックの二つを買うことにした。箱が可愛かったし、本当は箱のを2つと言いたかったけれど、ヴィンテージキングを地でいくボクには、その決断ができなかった。

ホテルの部屋に戻って履き替えると、妻は小学生のようだと大笑いした。それはボクにはあまり似合っていなかった。少し股がキツく、サンスペルのトランクスに慣れているボクには、ちょっとした違和感があった。なので帰国後は使用頻度は低く、ドイツのことを思い出しては、妻に隠れてときどき履いている(いや隠れる必要はないのだが)。

ブルータスのページをめくっているとき、ボクは思わず息をのんだ。自らの目を疑った。家に帰りパンツ棚を探る。間違いなかった。今日本屋で手にした『男と女の上質図鑑』にも載っているのだから、よほど愛用しているに違いない。

告白しよう、ボクと松浦弥太郎さんは同じパンツを履いている(念のために書くと共用はしてない)。


comments(1), trackbacks(0), -
あれから1年。
category: ネコ
今朝、ネコの夢を見た。小さな子猫がボクの部屋へとやってきて、ボクの足に頭をスリスリする夢だった。

目覚ましがなり目を覚ますと7時だった。1年前の今日よりも1時間ほど遅い目覚め。去年は妻が叫ぶ声で目を覚ました。

夢に出たのは、眠りにつく前にシュンギクの話をしていたからだろう。シュンギクがいなくなったこの1年、ボクらは1日たりともシュンギクの話をしない日がなかった。毎日毎日、多かれ少なかれシュンギクのことを思い出した。

もう1年か、という気もするし、まだ1年かという思いもある。
comments(0), trackbacks(0), -
不吉
category: 雑談
それはTFTの小暮さんの事務所を出て、六本木を歩いているときのことだった。

朝からの冷たい雨がミゾレに変わりかけたころに、それは起こった。


突然、傘が壊れたのだ。

・・・

・・・

・・・

いや、まぁ、傘が壊れることなんでよくあるでしょう、と思うかもしれない。
でも、ここ数日、仕事で色々とあって、それがうまく行くかどうかは
ここまでくると運しだいだよね〜、なんて話していた矢先のことだったので、
正直、少しうろたえてしまった。



ちょっとナーバスになり過ぎかな。


傘が壊れるなんて、別に珍しいことじゃないよね。


たまたまタイミングが悪かったということでしょう。


でも、ほんと、歩いているとき突然だったからちょっとビビった。







腕に掛けていた傘の持ち手が何の前触れもなくまっぷたつに割れ、
歩いているときにボトッと落ちたもんだから。。。






不吉な気がするなんてのは気のせいでしょう、きっと。



 
comments(0), trackbacks(0), -
2013
category: 雑談

今年は本当にいろいろあった1年だった。

差し引けば 幸せ残る 年の暮れ

とは沢木耕太郎さんの父の名句だけれど、
今年に限って言えば、少し悲しみの方が勝ってしまったような気がする。


2月にはシュンギクが死んだ。
ボクらにとっては子どものような猫の
あまりに突然の死だった。

そして義母の病状が悪化した。
先日の審査で、要介護4という極めて深刻な
評価をくだされてしまった。
夏に、希望の地スイスへ連れて行けたことは
ボクらの心の支えになっているのと同時に、
本当にあの旅は正しかったのか、
あれが原因で悪化してしまったのではないか、
という思いを心のどこかに抱かせている。
もしかして、自己満足でしかないのではないかと。
妻の苦しむ姿を見るのが辛い。
そして今も、ボクらは選択の岐路にいる。

自分の両親にもいろいろあるけれど、
なかなか思うようにしてあげられない。
そのことも小さなストレスになっている。
それでも元気であればうれしい。

仕事面では、多くの人に助けられた。
尊敬する先輩に失望したり、
本質以外のところで苦しんだりと
細かなことを数え上げればきりがないが
それでも、なんとかなったんだろうと思う。
皆さんのおかげです。
ありがとうございます。




差し引けど 悲しみ勝る 年の暮れ


まぁ、2013年はそんな感じだったと思う。
来年に積み残した宿題も多いけれど、
逃げることなく、夫婦で正面から対峙していきたい。

今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。






















 
comments(0), trackbacks(0), -
クリスマスに思うこと
category: 雑談

あと少しすると、今年もあの声がラジオから流れてくる。

クリスマスイヴの夜に、というかクリスマスになった瞬間に始まる、
沢木耕太郎さんの「ミッドナイトエクスプレス 天涯へ」。


ボクにとって、この瞬間は待ちに待った楽しみであり、
1年を振り返るきっかけであり、恐怖でもある。

この1年間、自分は何をなし得ただろうか。
ラジオを聞く時間は、否応無しに、その現実に向き合うことになる。
そして、思ったほどの成果を上げられていないことを確認し、
落ち込むのが常だ。




それでも、このラジオはやはり必要なものである。
来年こそは、と自分を奮い立たせてくれるから。



ラジオまでは少し時間があるけれど、
今年1年を振り返り始めている。
仕事でもいろいろあった。
いろいろあったけれど、ボクにとっての今年最大の事件は、
やはりシュンギクの死だと思う。

妻は、去年のクリスマスを思い出し、泣いている。
そこにはシュンギクの面影がしっかりとある。





シュンギクの死は、今でもリアルである。
寒くなれば、その存在感を増す温かな生き物。
最近になって、妻が泣くことが増えた。

でも、今のボクはただ落ち込むばかりではない。
シュンギクは、ボクらのために死んでくれたのだと思っているから。

シュンギクが生きていたならば、
義母を長い旅に連れて行くことはできなかっただろう。
いまの義母の体調を考えると、あと少しでも遅かったなら、
海外へ連れて行くのは難しかったように思う。
シュンギクは、自らを犠牲にして、最後の親孝行をするチャンスを
ボクらに与えてくれたのだ。



ありがとう、シュンちゃん。



今年のボクは、仕事では大きな成果を出せなかったかもしれない。
それでも、シュンギクに恥をかかせないくらいのことは出来たようにも思う。
今のボクを見て、沢木さんは何と言うだろうか。
少し怖い気もするけれど、来年は久々にお会いしたいな。
シュンギクのおかげで少しだけ成長することができたボクを、
沢木さんにも見てもらいたい気がする。









 
comments(0), trackbacks(0), -
天上の舞 飛天の美
category: event

2007年〜2008年、ボクは仏像のことばかり考えていた。

『日経おとなのOFF』という雑誌の編集者をしていたボクは、
07年6月号で行った「仏像の美に癒やされる」特集をきっかけに
急速に仏像編集者(そんなのあるのか?)としての道を歩み始めた。

中でも写真家の三好和義さん、みうらじゅんさんのお二人とは
色々とお仕事をさせていただいた。

みうらじゅんさんとは、今もしんきんカードの会員誌『はれ予報』の
連載「僕宝 仏像の旅」でお世話になっている。

三好さんとは、何度も何度も奈良、京都を訪ね、仏像撮影を行った。
室生寺に始まり、薬師寺、東寺、三十三間堂、、、撮影許可をとるのは
半端なく大変だったのだけれど、それでも自分の大好きな仏像を
なんとか撮影させていただきたいという一心でお願いし続けた。
その一つ、平等院鳳凰堂の撮影許可がおりたときには、本当に涙が出そうになった。
過去には土門拳、十文字美信など数多くの有名写真家がカメラに収めている
平等院の定朝作阿弥陀如来坐像。そして鳳凰堂や雲中供養菩薩。
将来写真集にまとめることを考えると、ここを外すわけにはどうしてもいかなかった。
だからこそ、お寺に何度も足を運び、心からお願いした。
ご住職からご許可の電話をいただいたのは、銀座で会食をしている時だった。

撮影は黄砂の季節だった。
長ダマで覗いた屋根の上の鳳凰が、黄砂によって歪む太陽の中で
まさに「火の鳥」のような姿を見せたのが、なんとも神秘的だった。
その様子は三好和義仏像写真集『極楽園』の中で発表されている。
『極楽園』は同じくボクが編集を担当したムック『美仏巡礼』とともに、
今も多くの方に楽しんでいただいている。


東京ミッドタウン(六本木)のサントリー美術館で開催中の
「天上の舞 飛天の美」展を訪れた時、あの日のことが鮮明によみがえった。

今回の展示では、国宝の「雲中供養菩薩」ならびに「阿弥陀如来坐像光背飛天」を
驚くほど間近で、しかも目線レベルで拝見することができるのである。
特に「光背飛天」のほうは東京初進出となり、現在行われている鳳凰堂の修復が
完了したあとは、再び堂内に戻されるため、このような状況で見ることは
まずできないだろう。それだけでも、足を運ぶ意味がある。

さらにもうひとつ、ありがたい仕掛けがあった。
雲中供養菩薩の模刻に直に触れられるコーナーがあるのだ。
この模刻は、修復後は鳳凰堂に飾れることになる。
国宝で世界遺産でもある鳳凰堂の内部に、自分が触った仏像が並ぶというのは
まさに奇跡と呼ぶにふさわしいだろう。


平等院からの出展以外にも見所は多い。
仏像好きなら法隆寺金堂天蓋付属の飛天(重文)や四天王寺の舞菩薩(重文)も
ぜひ見ておきたいところ。

この秋はこの展覧会以外にも
東京藝術大学で開催中の「国宝 興福寺仏頭展」や
金沢文庫で開催中の「東大寺ー鎌倉再興と華厳興隆」と
東京周辺で仏像イベントが目白押し。

ぜひ足を運んでいただきたい。








 
comments(0), trackbacks(0), -
ジャパン時計フェスタ 開催中
category: event
「家具、じゃなくってディノス家具」というCMが嫌いだ。

家具そのものとカタログを言い間違える可能性はほぼなく、
本来であれば「ディノス、じゃなくってディノス家具」
というのが“正しい言い間違い”(?)であると思うからだ。

しかし、このようなモヤモヤ感をあえて呼び起こすことは
高度なCM手法なのかもしれない。
いや、そうであると信じたい。

同じような手法を使ったイベントが、いま有楽町で開かれている。



ジャパン時計フェスタ。


英語、日本語、イタリア語という3つの異なる言語を
巧みに組み合わせたネーミングは、絶妙な不安感をボクらに覚えさせる。

それでいてテーマは「スイス×日本のものづくり」というのだから
かなりはっちゃけているのだ。


せめて「ヤーパン・モントル・フェスタ」であったならば、
スイスらしさも出たのに、なんて考えてしまうのは無粋だ。
あえてそうしなかったことに、このイベントの「らしさ」があると考えて、
まず間違いない。

その証拠に、イベントに行けば誰もが、
「ほほう、これは確かにジャパン時計フェスタだ」と
納得するだろう。
珍妙な空気を持つ会場。
中には「これは有楽町時計フェスタだ」
と揶揄する声も聞こえたりするのであるが、
もしそこまでの厳密さを求めたいならば、
「日本橋三越大北海道展」と同じように
「有楽町交通会館池袋古時計祭り」とせねばならないだろう。

とにかく、そういうモヤモヤしたイベントが、ギンザにほど近い、
有楽町駅前で開催されていることだけは、忘れてはならない。


さて、最後に見所についても語らねばならないだろう。
もしあなたが、どうしてもこのイベントに行くと決めたのなら、
それなりの覚悟を持たねばならない。
ディープで淀みある空気の中を最深部まで突き進む、
川口浩ばりの勇気を持たねばならない。

一番奥のガラスケースには、セイコーの歴史的名品の数々が並ぶ。
いちいち解説はないし、誰も説明はしてくれないが、
まぎれもない「ミュージアムピース」ばかり。
時計関係者とマニアをのぞくと、このゾーンを見ても
何が何だかまったく分からないのであるが、
とにかくガラスケースの前に立って「フムフム」と
2度ほど首をタテにふれば、これであなたもセイコーツウ、という
ナレーションがどこからともなく聞こえてくるのである。
ソラミミだが。

もし気が向いたなら、そして時間に余裕があってしまったなら、
ついでに、周囲にある古時計屋さんを冷やかすのもいい。

今回は意外なところにエニカーが多く並んでいるな、とか、
気になって値段を聞いてみると「その時計は商談中なんですわ」、
仕入れたときのことから今にいたるまでを事細かに解説してくれるな、とか
いろいろな気づきを与えてくれることだろう。

個人的には変な時計がたくさん並んでいるBQブースを押す。
女性にもお勧めの60sのブローバ・ディオールが
2万8000円〜と格安で並んでいたりする。
ボクの欲しいジャガールクルトも、法外な価格で売っている。

そして、親切丁寧に時計の解説をしてくれ、メンテナンスもばっちりの
珍しい出展者、ダイワ時計店さん辺りも見逃せないのである。
何しろ売り物にキャプションがついているのが、このイベントの
趣旨に反している。


というわけで、週末はぜひ「ジャパン時計フェスタ」にお立ち寄りください。


交通会館1階の外で売ってる珈琲もおいしいよ。
comments(0), trackbacks(0), -
MOMENTUM(日経BP)
category: オススメ書籍など

『MOMENTUM』(日経BP)最新号の見所を少しだけ紹介。







表紙の椅子はジョエ・コロンボの名作エルダチェア。
インタビューにはザッケローニ監督にインタビューさせて
いただいたのだけれど、誌面ではザックがエルダチェアに座ってます。






巻頭特集は「目利きのいる店、通う店」。
いま飲むべき日本酒がそろう酒屋とか、
ドミニクブシェの通う食の名店とか、
有名靴店の店主がお忍びで行く靴店とか、
スーツ直し屋さんが買う既成スーツとか、
有名牛肉店が通うホルモン焼きやとか、
すごい店がズラリと並んでおります。
鬼海弘雄さん撮影のポートレイトもお見逃しなく。






粋人の住む家。
椅子研究家の織田先生のご自宅はとにかくスゴいお宝の山。
ミヅマアートギャラリーの三潴さんのご自宅は
本邦初公開だと思います。
撮影は平野太呂さん。






時計特集は、世界トップジャーナリスト&コレクターが
いま本当に買うべき時計を選んで来くれました。
正直言って、これだけのメンバーは専門誌でも
顔を並べることはないでしょう。






こちらはサントリー・響のタイアップ。
B'zの松本さんと歌舞伎の片岡愛之助さんにご登場いただいております。






クルマ特集は夜のディーラーにスポットを当てました。
小川フミオさんのエッセイ、五十嵐隆裕さんの写真、
どちらもすばらしいです。






旅はカナダ・ユーコン。
紅葉やオーロラが美しいです(写真はカンカン踊り)。





連載は今回も非常にパワフル。
その一部をご紹介すると、
まずは何と言っても伊集院静さんの「ギンギラギンにさりげなく。」。
撮影は宮本敏明さん。








西畠清順さんの選んだ植物を塚田直寛さんが撮る
「MOMENTUM植物図鑑」。
わずは30cmなのに大木の迫力を持つ
ワイルドオリーブはかなり欲しいですw




「洒落モノ偉人列伝」は、伊丹十三さんの愛したチロリアンセーター。
中目黒のマウンテンリサーチでデッドストック買えますが、
残りあとわずかです。
気になる方はすぐにお問い合わせを。





日本経済新聞社の記者にして、小説家でもある
田村正之さん渾身の金融エッセイ。
面白くてタメにもなります!





元ブルータス「フクヘン。」鈴木芳雄さんによる美術連載。
この5つの絵画を見ておけば、印象派を知ったかぶりできます。




ほかにもDIC川村美術館の楽しみ方など、
今号も盛りだくさんでお届けしております。
読者プレゼントもかなり気合いが入っておりますので、
ぜひお楽しみください〜。





 
comments(0), trackbacks(0), -
十八代目 中村勘三郎 追悼の会
category: event


芸能の神様はそれぞれの分野ごとに
数百年に一度天才を輩出し、
その分野の存続と発展を目論む。


立川志の輔が言った。

歌舞伎において、その役割を担ったのが
昨年亡くなった十八代目 中村勘三郎その人だという。

そのことには、誰も文句のつけようがないだろう。
歌舞伎役者の中でというのではなく、
すべての分野を通じて、あれほどまでにアグレッシブで
挑戦的で、それでいてチャーミングな人は、
しばらく登場しないのではないだろうか。

十八番といえば、歌舞伎を語源に持つ言葉で、
「もっとも得意な芸」を指すものだが、
中村屋の十八番目に選ばれたのは、
最も“特異”な歌舞伎役者だったのである。



そんな勘三郎さんの追悼イベントがまつもと市民芸術館で行われた。



なぜ松本か。

実はこのまつもと市民芸術館こそが、
勘三郎さんが病気後の復帰初舞台に選んだ場所であり、
生前、最後に舞台を踏んだ地であるからだ。
市民の強い後押しにより、没後「名誉市民」にも選ばれている。

開場につくと「ああ、伊藤豊雄建築なんだ」と気づく。
知らなかったけれど、見れば分かる。
それほどまでに個性的なホールなのだけれど、
奇抜なだけではないとてもいいホールだった。







この追悼イベントを企画したのが落語家の立川談春さんで、
それに賛同したのが志の輔さんであり、さだまさしさんだった。
さらにはスペシャルゲストとして勘三郎さんと長く親交のあった
笑福亭鶴瓶さん、串田和美さんまでもが登場。
楽しいことが好きだったという故人の思いに応え、
落語あり、トークあり、歌ありの
まさに爆笑(ときどき涙)の4時間半(!)だった。





〈プログラム〉
立川談春「宮戸川」
笑福亭鶴瓶「青木先生」
鶴瓶×談春×串田トーク
  (中入り)
さだ×鶴瓶×談春トーク
さだまさし歌唱「精霊流し」など
  (中入り)
立川志の輔「中村仲蔵」


とにかくこれだけのプログラムが組まれたのは奇跡だった。
すべてが一流。

やはり鶴瓶(敬称略)は面白い。
落語「青木先生」は新作だが、生前、勘三郎さんが
好きだと言っていた演目だったという。

そして、最後の志の輔さん十八番「中村仲蔵」。
ボクは今年2回目となるこの演目だけれど、
やはり勘三郎さんの追悼イベントで聴くそれは、
また特別な趣があった。
勘三郎さんは、確かに、平成の中村仲蔵だった。


勘三郎さんは、この秋、映画になって帰ってくるという。
11月30日から全国の芝居小屋で上映される。
これもまた、ぜひ見たいものだ。


comments(0), trackbacks(0), -
三好和義写真展「伊勢神宮 式年遷宮」
category: event

今日から来週月曜日までの6日間、銀座和光6階ホールで
三好和義さんによる写真展「伊勢神宮 式年遷宮」が開催される。
というわけで、本日夕方に拝見してきました。

会場には美術史家の山下裕二先生や、写真家の田沼武能さんなどの
顔も見受けられ、注目度の高い展示であることが分かります。


20年に一回行われる式年遷宮。
これまでにも選ばれし写真家だけが撮影してきたわけですが、
今回の三好さんの写真展は正直、そのどれにもなかった、
極めて希少なシーンや構図を数多く見ることができました。

いや、これは冗談抜きに見ておかないとちょっと後悔するかも。
すべてが美しい写真であるのはもちろんですが、魅力はそれだけじゃない。
写真であっても、あの内容が見られるチャンスはそうはないと思います。
もちろん、現物を見ることは不可能だし。。。
本当に、よくあれだけのものの撮影許可ならびに展示許可がおりたものです。
祭事、建築過程、宝物、そして本殿……細部まで写真をじっくり見て
楽しむのがこの写真展の楽しみ方でしょう。
驚きの発見連発ですよ!


会場デザインはおおうちおさむさん。
許可関係の問題で、今朝、開場ギリギリまで展示の修正を行っていたそうです。
まさに力作。

思い起こせば2009年、ボクが最初に携わった仏像写真展「極楽園」も
三好さん、おおうちさん、和光のコンビでここで行われたのでした。
あの日が懐かしい。
※写真集『極楽園』もおおうちさんのデザインです!


期間が短いのが残念ですが、無理してでも行った方が良いと思います。
和光は夕方19時までなので、ご注意を。




 
Check
comments(0), trackbacks(0), -
New Entry.
Category.
Archives.
Comment.
Trackback.

Profile
Calendar
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
Sponsored links
Recommend
極楽園
極楽園 (JUGEMレビュー »)
三好和義
楽園写真家・三好和義が捉えた現代の仏像写真集。東寺、三十三間堂、聖林寺など重要仏像の数々を網羅。
Recommend
美仏巡礼 完全保存版 (日経ホームマガジン OFFムック)
美仏巡礼 完全保存版 (日経ホームマガジン OFFムック) (JUGEMレビュー »)

仏像ブームの火付け役のひとつとなった仏像ムック。みうらじゅん、山本勉、三好和義など豪華ラインアップ。
Recommend
写真本123456789101112131415161718192021222324(シャシンボン ニジュウヨンエイチ)
写真本123456789101112131415161718192021222324(シャシンボン ニジュウヨンエイチ) (JUGEMレビュー »)

1日を24に分け有名写真家が撮影。それを並べて1日を再構成した一冊。森山大道、ホンマタカシなどが参加
Amazon CLASSIC WRISTWATCH
オススメ資料
イカすエッセイ!
美仏巡礼
Links
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Search